日頃の感謝を込めて結婚式で両親にプレゼントする

メンズ

香典返しの品を選ぶ

風呂敷

葬儀の際にいただいた香典のお礼に、香典返しを出席者におくりましょう。三十五日か四十九日に間に合う様に香典返しの品を選んで準備しておきましょう。目安としては、いただいた香典の半額程度の品を選びましょう。

View Detail

金額の半額程度

ギフト

結婚内祝いとは、元々内輪だけの身近な関係者におくる品でした。昔はおもちや赤飯を贈る習慣がありましたが、近ごろはお菓子や食品、タオルや洗剤など幅広い品を贈る様になっています。

View Detail

スタンド花を贈る

お花

新規オープンの飲食店には、開店に合わせて開店祝いを贈ってあげましょう。一般的には、スタンド花や蘭の様なアレンジメント商品が華やかさを引き立たせてくれるので人気があります。

View Detail

似顔絵アートで感謝を形に

箱

晴れの日となる結婚式では、花嫁や花婿が主役となる場ですが、日頃の感謝を込めて両家の両親にプレゼントを用意してあげましょう。サプライズなら特に喜ばれるでしょう。アレンジメントのブーケと一緒に、似顔絵アートを贈ると思い出にもなりますし、インテリアとしても飾れるのでオススメです。似顔絵アートはネットから注文することができます。結婚式に間に合う様に、スケジュールを確認しながら注文してみましょう。

イラストの雰囲気は作家によって異なってくるので、作品例を参考に作家を選ぶと良いでしょう。人気作家への注文は込み合う場合もあります。似顔絵アートを書いてもらう時は、参考になる写真や画像データを作家に送る必要があります。できるだけ描く人物の顔がはっきり分かるデータを選びましょう。真顔よりは、笑顔で写っている写真や画像を選ぶと作家も描きやすいでしょう。また、複数のデータがあるとよりリアルで美しい作品に仕上げることができるので、いくつか選抜しておきましょう。顔の輪郭がはっきりして、正面から撮影された状態がベストです。全身のイラスト描いてもらう時は、人物の身長や体型が分かる様なデータを選びましょう。希望する服装や髪型がある場合には、切り抜きやイメージが伝わるデータを一緒に送ってください。描く人物の人数によって、プレゼントする似顔絵アートの大きさも変わってきます。卓上サイズが良いなら、両親だけ描いてもらうこともできますし、パネルサイズなら両親と花嫁、または花婿のイラストを描くことができます。

Copyright© 2016 日頃の感謝を込めて結婚式で両親にプレゼントする All Rights Reserved.